きみはぼくの太陽だ

楽しくいきましょ

心の中で一本締め

ジャニーズWEST コンサートツアー2016 ラッキィィィィィィィ7 全公演終了!お疲れ様でした!


今回のツアーは1月の横浜アリーナと3月の大阪城ホールに参加したんだけど、ライブに行けたのもお友達あってこそだった。

自分だけだったら絶対行けなかったから。

本当、いつもありがとうございます!





次のツアーはきっと今回よりもチケット取りづらくなるんだろうなと思ってるけど、これは嬉しい悲鳴と捉えましょ。


もっともっと大きくなって、てっぺん連れてってよ。


今よりももっと綺麗な景色見せてくれるんでしょ?


今よりももっと綺麗な景色の中で、今よりももっと輝いてる7人の姿を見せてくれるんでしょ?


期待しちゃうよ?





淳太くん、照史くん、濵ちゃん、重岡くん、神ちゃん、流星くん、のんちゃん、そしてスタッフのみなさん

素敵なライブありがとうございました!


また次のライブ楽しみにしてます!



次にまた会えるまで、自分にできることは全力で頑張ろう。


これにてラッキィィィィィィィ7終了!



(θヮθ) それではみなさま、お手を拝借!



よー、ぱん!!!



お疲れ様でした!!

時代がきみに追いつくんじゃない 時代をきみに造ってほしい

濵ちゃんお誕生日おめでとうございます。




で書き始めて上手く纏まらないままずっと下書きにあったこのブログ。

濵ちゃんの舞台が始まるまでには書きたい!という訳で纏まらないけど力技で書き上げますよ。

時々思い立ったら加筆修正を加えていくと思いますが、お付き合い下さい(笑)






歌が上手くて主メロも歌えるしハモリも出来て、アクロバットが出来て、お芝居も上手くて、ギターも弾ける。


あっ、エアピアノも出来るね(笑)



ジャニーズWESTの中でポテンシャルの高さは上位に位置している濵ちゃん。

では、なぜ今の立ち位置なのか…。



センターである事、目立つ立ち位置である事、人気上位のメンバーである事、それが全ての正解ではないと思ってますがポテンシャルの割には下位に位置されがちかなぁと感じてしまったりするわけです。


※決して濵ちゃんの事を下げるつもりはありませんが、現時点で嫌な印象のある方はブラウザを閉じて下さい。



めぇコンMCでも「もっと自信持ち!」「逆にどこを嫌うん?」と自分を卑下する濵ちゃんに対してメンバーも喝入れてたけど…


人の事はすごくよく見ていて時にアドバイスして、時に温かく見守ってるけど、自分の事はどこまで評価してるのかな。

自分で自分をどこまで認めてあげてるのかな。



人に対してはマイナスな表現やマイナスな物の言い方はしないのに自分の事は卑下するんだよね。


濵ちゃんから出てる「メンバーと比べたら俺なんて…」っていう空気感はずっと気になってた。


それが濵ちゃんの持つポテンシャルの高さを活かしきれない原因を作ってるのかな…。


もっと貪欲に前に出ても良いと思うんだけど。



人を押し退けてまで前に出ようとしないところは濵ちゃんらしいと言えば濵ちゃんらしいのかもしれない…でもそれじゃ勿体無い。


ここは俺に任せろ!って濵ちゃんが自信を持って前に出る場面がほしいよなぁ。




いつか周りが濵ちゃんの良さに気付く未来よりも、わたしは濵ちゃんが自分の手で自分の道を切り拓いていく未来が見たいよ。

濵ちゃんの手で濵ちゃんが主役の時代を造ってほしいよ。











でも、濵ちゃんの立ち位置や(わたしが憶測でこうだろうなと思ってる)濵ちゃんの気持ちも分かるんだよなぁ。

AB型ってそうだよね(笑)









それでもやっぱりそんな未来をわたしは見たい。

亡霊退治

これはわたしが日高光啓という人と再度向き合うためにいろんな感情をつらつらと書き綴ったいつも以上に自己満な内容になっています。



AAAを、日高光啓という人を知らない人からしたらなんのこっちゃ分からない内容だと思いますが、わたしがもう一度、日高光啓に「好き!」というための通過点ということでさらっと流していただけたらと思います(笑)







AAAの曲を聴くきっかけはたまたまレコ大でAAAを見かけた時に物凄く好みの顔の子(日高光啓)が居たから。

当時、彼らは西島隆弘浦田直也宇野実彩子の3人がメインボーカルを務めていて日高(以下、だっちゃん)も今ほど目立つ存在ではなかった。



ビジュアルも今とは違って、こんな事言うのもあれだけど人気が全然なくて。

これはだっちゃん本人も言ってたけど、グループ内でも人気下位のメンバーだった。



そんな中、だっちゃんのポジションが大きく変わる出来事があった。

SKY-HIとしてラッパーとしての評価が上がった事。

でもわたしはAAA日高光啓は好きだけど、SKY-HIは受け入れられなくて…。


ずっとみんなだっちゃんに見向きもしなかったのに、有名な人たちが評価してくれてラッパーとしての評価が上がった途端ちやほやし始めて…手のひらを返されたようですごく悔しかった。


だっちゃんの人気が出てほしくなかった訳ではなくて、違う形を望んでいたから。

AAAの日高光啓として見つかって欲しかった。


それに関してはだっちゃんに悪いところは何もなくて、ただ純粋に好きなものに一生懸命になって、ひたむきに努力をして、自分自身が楽しんで、観る人を楽しませた結果の評価のはずなのに素直に喜べなかった。

それどころか一転してしまった状況を受け入れられなくて目を背けてしまった。

でもAAAは好きだったから、それまではだっちゃんと末吉秀太くんが好きですと言っていたんだけど(秀太くんを好きになった経緯はまたいつか…)これ機にAAAは末吉秀太くんが好きですと言うようになった。



評価が上がったきっかけはなんであれ、それまでプレゼンしても「はいはい」って鼻で笑われて、あしらわれて終わりだった事も実現できる状況になった事はだっちゃんにとって幸せな事だったはずなのになぁ。


もう一度、だっちゃんと向き合おうと思えたのはリリースした作品がチャートの上位に入ったニュースがきっかけだった。

ただ周りが評価してるから流れとして「SKY-HIかっこいいよね」って言うのではなくて、ちゃんと見てる人は居るんだと思えたから。

とは言っても、ただ単純にやっぱりだっちゃんが好きだったからなんだけど(笑)



いろんなものに囚われて認められなくて、受け入れられなくて、でも嫌いになれなくて、想いの行き場がなくて目を背け続けた時間はこれでおしまい。





改めてもう一度言わせてください。




だっちゃん、大好きだよ!




















1番じゃないけど許してくれる?(笑)

壁の向こう側まで何センチ?

関ジュ時代の雑誌を整理しながらぼんやりと考えた事まとめ。



Twitterだと連続投稿しなきゃだし、140文字ぎっしりもなんだかなぁという訳で久々にブログの出番です。




淳太くんと照史くんが今のような関係性を築く前からどちらとも仲が良かった濵ちゃん。

濵ちゃんって歌も上手くて、アクロバットも出来て、ダンスも上手くて、ギターも弾けて、運動神経抜群で、お芝居もうまい。

こんなにハイスペックなのに近寄りがたい雰囲気を出さないからこそ、淳太くんとも照史くんとも(もちろん他の関ジュとも)仲が良かったんだろうな。

濵ちゃんにはハイスペックとは裏腹に隙があると思う。

照史くんに対しての淳太くんも、淳太くんに対しての照史くんも隙がなかったのかも。

どっちも頑固でプライドが高いから、それが隙のなさに繋がってたのかなぁ。

あっ、濵ちゃんがプライドがないとかって訳ではなくて。



淳太くんも照史くんも相手との間に壁があったとして、それは「そびえ立つ壁」なんだけど、濵ちゃんの場合は「可動式の壁」って感じ。


濵ちゃんの可動式の壁っていうのは、相手に合わせて高さを変えたり、左右に隙間を作ったりして相手が自分に歩み寄りやすいように(または濵ちゃん自身が相手に歩み寄りやすいように)壁を動かしてあげる。


その可動の仕方も相手は全く気づかないくらい(もしかしたら濵ちゃん自身も気付いてないかも知れないけど…)自然と動くからこそ、住人十色で濵ちゃんと出会った子供たちは濵ちゃんのことをすんなりと、当たり前の存在であるかのように受け入れるのかな。



ここまで書いておいてなんだけど、濵ちゃんは壁というより垣根って感じかも。

ほら、漫画とかアニメでも垣根って抜け道があるし。


そびえ立つ壁の淳太くんと照史くん、垣根の濵ちゃん。

うん、こっちのほうがしっくりくる。




これからも、濵ちゃんが持つ「人に歩み寄る才能」で濵ちゃんもメンバーもジャニーズWESTに関わる全ての人がたくさんの笑顔に溢れますように。


とりあえず、住人十色もっとたくさん出て欲しいです…(笑)

きみはぼくの太陽だ

淳太くんお誕生日おめでとうございます。




淳太くんを初めて知ったのは2007年頃。
当時、照史くん担だったお友達にB.A.Dを説明されてそこで淳太くんを知った。
第一印象は瀬戸がジャニーズに居たらこんな感じよねぇ…だった。
(当時はD-BOYS瀬戸康史くんオタでした)

とにかく照史くんがイケメンで「あの子、めっちゃイケメン!」ってずっと言ってたのは覚えてる(笑)


それから数年して自分が淳太くん担になるとは思ってもみなかった(笑)



淳太くんが気になる存在になったきっかけは昨年末に某動画サイトで見かけたええじゃないかのダンスバージョンのMV。
アルバムのDVDに入ってるあれですね。

そのMVで踊る淳太くんを見て「この子、運動神経悪そう…」と気になった。



そして「中間淳太 運動神経 悪い」でカタカタエンターした結果…うん、運動神経悪いんだねきみは…と淳太くんが一気に気になる存在に。

そこからはあっという間に淳太くん沼にハマっていった。


SMAPの森くんから始まったジャニオタ人生(途中バンギャという寄り道があるけど…)で初めて「この子のうちわ持ちたい!」と思ってうちわを持ってジャニコンに参加したのは淳太くんだった。

それくらい自分の中では淳太くんは特別な存在。



最初の頃は何度も「何でもっと早く好きにならなかったの…きっかけはいくらでもあったのに…」と悔やむこともあった。


でも、今のこの気持ちがあるのはあのタイミングで好きになったからだと思ってるし、過去の淳太くんをリアルタイムで見てこなかった悔しさはあるけど、これが私と淳太くんの運命のタイミングだったんだと思いこむようにしている。


どこにも正解がない、どうなるのか誰も知らない素敵な景色をこれからたくさん見れるんだから、これから待ってる未来への期待と比べたら過去を見てこられなかった後悔なんてきっとちっぽけなものだ。

綺麗な景色をたくさん見せてくれるって信じてるよ!




器用そうに見えて不器用だし、温和に見えて短気だし、柔軟に見えて頑固なところがあって、なんでも飄々とこなしそうなのに実際は努力の人。

ブレイン担当と言いながらも、体を使う仕事に対して「僕そういうキャラじゃないんで」なんて言わないで誰よりも真面目に、誰よりも一生懸命に、そして誰よりも結果を残そう、爪跡を残そうとひたむきに頑張る、ドタバタだけどしなやかな淳太くんが大好きです。




淳太くんのお父さんとお母さん、淳太くんを産んでくれてありがとうございます。

淳太くん、生まれてきてくれてありがとう。

そして出逢ってくれてありがとう。

28歳も淳太くんにとって素晴らしい1年でありますように。

淳太くん、これからもずっとずっと大好きです。

ようこそ、沼の入り口へ

さて、最近TLで考察や分析をしたブログちょこちょこと見かける淳太くんのなにわぶ誌での発言。

あれはただのリップサービスであって、深く考える必要はないのでは…と言うのが私の感想である。

一途に待ち続けていた子、浮気してしまった子、自分に当てはまる方の立場でその登場人物になりきって楽しんでしまえば良いだけ。

ここはいっそのこと軽率に楽しんだ者勝ちだと思っている。


一途に思い続けて淳太くんに愛されるもよし、浮気して淳太くんに冷たくあしらわれるもよし。


最後はちゃんと甘やかして、居場所を用意してくれるから大丈夫。



これが本当に淳太くんの本心だとしても、ただのリップサービスのどちらにしても、ブログで考察や分析をしたり胸中を語ってくれる人がいたり、掛け持ちという自分の立場を考える人がいるという事は淳太くんからしたらしてやったりなんだろうな。

だって、あの発言に対して肯定的でも否定的でも淳太くんの存在が気になっている事には変わりないんだから。


あのなにわぶ誌はきっと淳太くんが用意した淳太くん担もしくはウエスト担への沼の入り口。


この沼にハマりたくなった時は全力でお手伝いしますので、お気軽に声かけてくださいね(笑)

きみに求める20の条件

某アイドル雑誌に掲載されたジャニーズWEST恋人の条件20に当初は「何個くらい当てはまってるのかな♡」なんてわくわくしていたはずなのに、実際はなかなかパンチのある条件に心が折れるかと思った…。

そこで、もし私が恋人に20個の条件を求めるとしたらなにを求めるのか…誰もそんなものに興味がないのは百も承知でただの自己満足のために残しておく。

ちなみに現在のスペック(子あり)で考えている為、現実感濃いめなのは目を瞑ってください(笑)


では、参りましょう。




・教養がある(学歴不問)
・正社員で働いていて安定した収入がある
・挨拶が出来る
・脱いだ靴は揃える
・字が綺麗
・私の中での常識が相手にとっても常識であると言う共通の認識がある
・アウトドアを強要しない
・趣味に口出ししない
・話にオチをつけて喋ってくれる
・メールや電話がマメじゃない
・爬虫類、両生類が好き
・駐車場でもウインカーをちゃんと出す
・友達は多くて当たり前と思っていない
・煙草を吸わない





ここで一旦ギブアップ…20個も出てこない(笑)
残りは思い浮かんだらこっそり追加しておく。

どんなに顔が好みでもきっと自分が育ってきた文化と全くかけ離れた文化で育ってきた人は無理。

常識については例えば「平日に子供を学校を休ませてディズニーランドに遊びに行くのはアリかナシか」で意見が同じである事かな。
自分の時間を尊重し合えて、適度な距離感を保てるのが大事。

ここまで書いてて思ったけど、恋人も作らない、再婚しないのが一番平和だな。

常日頃、恋愛観においてはリア恋枠と位置づけている重岡大毅くんですら条件に当てはまらなさすぎるだろうし(笑)

当てはまらなくても重岡くん大好きだよ。

重岡くんだって私の恋人の条件になんて当てはまりたくもないだろうし、当てはまっても嬉しくもなんともないのは分かってる大丈夫(笑)

Twitterでもなにかと重岡くん、重岡くんと言っているが、担当は中間淳太くんです。
どんなに好きでも、リア恋枠でも自担に求めてるものはまた別のものなんだろうな。

そうなると、私が自担に求める条件とはなんなのか。

どうせだから20個考えてみるか(笑)


ちなみにこの場合の自担とは中間淳太くんではなく、こんな子が自担になり得る可能性があるという意味です。


それでは、いってみましょう。




・全力でパフォーマンスをする
・笑顔が多い
・アホでも良いけどバカではない
・コミュニケーション能力が高い
・愛嬌がある
・字が綺麗
・色白
・横顔が綺麗
・ナイスすね毛
・チャラくない
・どこかひとつ残念ポイントがある
・しかしそれをコンプレックスとして隠さずに笑いや武器に変えられる
・努力家
・勉強家
・ビジュアル(髪型)が常に同じではない
・正義感が強い
・自分の意見をはっきり言う
・煙草を吸わない
・前に出ていくよりもメンバーを見守るタイプ
・ブログやコーナーの更新はしっかりする




一番に挙げた全力でパフォーマンスはダンスの上手い下手に関係なく全力である事が絶対条件。
これを満たしてなければ残りの19個が当てはまってても絶対にダメ。
センターに立ったり、目立つタイプの子よりもメンバーの行動をニコニコ見守ってる子が好きかな。
たまに前に出た時に爪痕残せる子だと尚良し(笑)



これって淳太くんなかなか当てはまってるんじゃない?
きみが人生最後の自担でありますように。




恋人よりも自担に求める条件のほうがすぐに出てくるのは非リア充のオタクだからかな…。

自担の条件はなかなか面白かったので、お暇な方は是非(笑)




やってみて20個の条件って難しいなぁと思った。
この条件に載らないだけである程度、大前提としている部分はあるだろうし…。
Twitterでも書いたけど「(自分の好みの顔または可愛い女の子に)求める恋人の条件20」である事は明らかだからね(笑)
それに関しては私も同じなんだけど。
細かいところまで言い出したら20個じゃ収まらないもんね。
でもきっと、この20個全てに当てはまる人が現れたとしてもいつかそれが当たり前になって次の条件20個が追加されていくんだろうなぁ。

人間って欲深くて難しいね…(笑)