きみはぼくの太陽だ

楽しくいきましょ

向夏に降る雪

向夏って6月だけどな!ってツッコミはなしで(笑)

他にタイトル浮かばなかったんだ!

 

 

 

さて、少クラでだるま落としをする室龍太くんの後ろにいたSnowMan深澤辰哉くんを見て「誰この子、めっちゃお顔かわいい!」から始まり、ついに少クラのSnowManパフォーマンス部分を残すようになり、亀と山PのバックについたMステも残した。

 

現在、担当の淳太くんはデビュー後に好きになったけどエイト担だったから関西Jr.時代から知っていた。

深澤くんのように全く予備知識がない子を気になり始めた記念に記録として残そうと思う。

 

 

東のJr.の子達は全くわからない子が多くて、なにわ侍に出ていた安井くんと森田くんと萩谷くんとバイオリンの後藤くん、そしてよくTLで見かける岸くんやそれ以外だと岩橋くん、神宮寺くん、樹くん辺りが限界だった。

基本的にJr.のお顔とお名前を覚えて見分ける能力は低いと自覚している。

それって東だからでしょと言われてしまいそうだが、関西もやっとFunky8と正門くんを覚えたくらいだ…。

 

 

そんな訳でSnowManが何人組かも誰が居るのかも分からない。

 

その上…

 

 

 

 

 

 

お顔が好みでも髪型が変わると一瞬で見失う…。

 

 

そんな見分ける能力も知識もゼロの状態でSnowManのパフォーマンスを見始めた。

 

メンバー名のテロップを必死に見ながらパフォーマンスを何度も見てやっとメンバーのお顔を覚えた。

でも、まだどの子がどんな性格までは知らないのでわたしの勝手な印象。

 

 

【深澤くん】

お顔がとってもかわいい。

B型かAB型っぽい。

喋るの遅そう。

時の流れが遅そう。

でも早着替えとかはめっちゃ早そう。

年下組。

 

 

【佐久間くん】

踊ってる姿が好き!顔も踊りも表情が豊か!

年下組。

深澤くんとは同じ歳か1こ違いくらい。

少年ジャンプが愛読書で突如「卍解!」って叫んだり、メンバーに螺旋丸とか技をかけてそう。

 

 

【宮舘くん】

関西Jr.の末澤くんに似てる。

最年長。

岩本くんのこと甘やかしてそう。

グループのお父さん的な存在。

 

 

【岩本くん】

淳太くんのことしばきそう。

最年少。

宮舘くんに甘やかされていて一緒にコンビニ行くとお菓子買ってもらってそう。

宮舘くんに買ってもらうお菓子は果汁グミとアポロ。

 

 

【渡辺くん】

宮舘くんと同期で同じ歳。

リーダー。

でも怒らないから宮舘くんに怒られてそう。

ずっと微笑んでてグループの母または菩薩。

 

 

【阿部くん】

苦労が多い中間職。

佐久間くんの少年ジャンプ必殺技の餌食になってそう。

育ちは良いけど口が悪そう(淳太くんパターン)

振り覚えめっちゃ早そう。

 

 

 

 

 

いわゆるミリシラ的なものなので、大外れしてても笑わないで!怒らないで!

(担当の皆さん気分を害してしまったら本当すみません…。)

 

 

さて、ここからどんな風に印象が変わって行くのか楽しみではある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

深澤くん最年長だったね…SnowMan奥が深い…

 

 

 

 

ジャニーズWEST FCに変更届けを出しました、という話です。

ジャニーズのファミリークラブに届けてある携帯の電話番号を変更したので、自分のためにメモ。

 

 

 

*************

 

 

ジャニーズWESTのFCに娘の名義で9月初旬に申し込んで、約20日ほどで会員証が届いた。

 

会員証が届いてから1週間弱で変更が生じるってどないやねん案件ですが、これには理由がありまして…

 

 

会員証が届いてネットにログインして早速壁にぶち当たる。

 

新パスワードを設定しようとしたらPINコード取得できんがな…(ちーん)

 

 

我が家には固定電話はないので娘の名義には娘用の携帯を登録したんだけど、この携帯はアドレス帳に登録してある番号とアドレスのみ発着信と送受信が可能な設定になっている。

 

 

そう、発信する電話番号がわからない、かつSMSが送られてくる番号が分からない=アドレス帳に登録できない=PINコード取得できない=新パスワードの設定ができない\(^o^)/

 

そこで、通話のみのガラケーを新たに契約して、ガラケーとプロバイダ発行のPCメールアドレスで登録する事にした。

さて、前置きが長くなったがPINコードが取得できない=新パスワードが設定できていないので、FAXか郵送で電話番号を変更することに…

 

まずはFAXを試したが、コンビニのFAXからは送れなかった。

 

やり方が違ったのかもしれないけど

ファミリーマートにある複合機型のからはダメだった。

 

さすがに勤務先のFAX貸してくださいとも言えず、郵送で手続きする事に。

 

 

 

10/4 配達記録で指定の住所宛に郵送

 

 

10/5 赤坂郵便局着。ここから渋谷に転送

 

 

10/6 配達完了

 

配達記録(追跡番号はあるが対面手渡しではない)から転送からすぐに配達完了されてたけど、書留(または簡易書留)など受領が必要なものだと土日を挟んだりすれば更に日数がかかるかも…。

 

 

11/1 電話番号変更完了

 

 

ちなみにその1、固定電話なしで携帯のみで携帯の番号を変更したのでログインパスワードも変更した番号の下4桁に変更になってた。

打ち間違えかな〜と思ってうっかりパスワード再度入れ直しを繰り返すとログイン出来なくなるのでご注意を…。

今のところ特に変更完了したよ的な連絡はないので、ある程度の期間が経ったらパスワード入力してエラーが出たら慌てずに変更後の番号の下4桁でログインを思い出してください笑。

 

ちなみにその2、変更の届けを出して実際に変更されるまでの間にコンサートの申し込みがありましたが、日中の連絡先は変更後の携帯番号を書きました。

届け出をしてあったからなのか、元々違っても問題ないのかは不明ですが登録されている携帯番号と違っても当落に影響はありませんでした。

でも届け出は大事ですので手続きはお忘れなく…。

 

 

また思い出したり、なにかあれば追記します〜。

 

 

 

夢より素敵な

淳太くんお誕生日おめでとうございます。








28歳の1年間も素敵な景色をたくさん見せてくれてありがとう。


29歳も楽しみにしています。




20代最後だから、30歳に繋がる1年だからと気負わずに、淳太くんらしく楽しんでほしいなと思います。


いつも真っ直ぐにキラキラと輝いている淳太くんが大好きです。





淳太くんのパパとママ、淳太くんを産んでくれてありがとうございます。


淳太くん、生まれてきてくれて出会ってくれてありがとう。


きみを彩るすべてのものに感謝します。




淳太くんお誕生日おめでとう!!



見たことがないきみを見せてよ

照史くんお誕生日おめでとうございます♡

 

お顔が非常に好みだからお誕生日用の詰め合わせ画像作るの大変だった!笑

選べないよ…全部かっこいいんだもん…となりながらも厳選しましたよ。

厳選したと言いながらも選びきれなくて2枚に分けたんだけど笑

 

 

 

 

 

 

 

 

選びきれなくて悩んだけど、イケメンを見ながらうんうん唸れる世界は非常に素晴らしかったです。ありがとうございます。

 

 

 

さて、照史くんのお顔大好きな話はここまでにして。

 

 

 

26歳もたくさん素敵な景色を見せてくれてありがとう。

 

27歳の1年間も素敵な景色をたくさん見せてください。

 

照史くんが思い描く未来が少しずつ手が届く未来になっていきますように。

 

 

 

 

照史くんはいつも桐山照史個人よりもジャニーズWEST桐山照史であること、誰かのための自分であることを選んで優先している印象があって。

それはグループとして、アイドルとして正解なんだと思う。

でも照史くんがいつか、まだまだ先の未来にたった一度きりでも良いから桐山照史の為の桐山照史であろうとする瞬間が訪れてほしい。

 

 

 

 

 

照史くんにとって、照史くん担のみなさんにとって、照史くんに関わる全ての人たちにとって、素敵な桐山照史27歳の年になりますように。

 

照史くん、お誕生日おめでとう!

 

これからも淳太くんをよろしくお願いします笑

 

 

 

 

 

 

 

丸をつけよ

母親って一体なに?





これはわたしがいまだに正解にたどり着けていない最大の疑問。

子育てをしていく上で本来なら自分の親がお手本になるんだと思う。

自分の親が自分にしてくれたことを自分の子供にする、みたいな。

しかし、わたしには「自分の親がわたしにしてくれたこと」というのが欠落している。


特になにかしてもらってきたという記憶や思い出がなくて、いまももちろん母親は存命だけどその人が母親だという認識はない。


関係上は親なんだろうけど親だとは思ってないんだよね…っていう感じ。




なぜこんな関係になったかというと、わたしには姉と妹がいて、わたしは三姉妹の真ん中なんだけど、自分でもびっくりするくらい親には可愛がられた記憶がない。



お弁当を作ってくれないとか、学校行事に来てくれないとか、出かける時にわたしだけお留守番、なんてこともあった。



姉と喧嘩すれば「あんたは妹なんだから○○ちゃん(姉)のいうこと聞きなさい!」


妹と喧嘩すれば「あんたのほうが歳上なんだから我慢しなさい!」


勉強や習い事を頑張れば「そのくらい○○ちゃん(姉)と●●ちゃん(妹)も本気出せばできるから。あんたなんてなんにもすごくないから」


運動を頑張れば「○○ちゃん(姉)と●●ちゃん(妹)が運動苦手だって知ってて嫌がらせのつもりなんでしょ!」



幼少期からこれの繰り返しだった。



「親になったくせに」とか「あんたなんて」という言葉から始まる文句はいまだに続いている。



わたしなんかしたかなぁ…。




そんな訳で、母親がどんなものなのか、母親ってなんなのか正解が見つからない。





わたしちゃんとお母さんやれてるのかな。

いつかわたしの子供がお母さんになったときに、彼女はわたしの中から「お母さん」という存在の正解を見つけてくれてるのかな。




わたしに丸がつく日はくるのかなぁ。

みんなから「それ今江くん」って教えてもらったから4/30を今江大地くんの日とします

タイトル無駄に長くてすみません(笑)

ブログの内容はタイトルそのままです。








少年倶楽部 in大阪とジャニーズWESTの一発めぇぇぇぇぇぇぇを見ていて気になる関ジュの子が2人居てツイートしたら


in大阪
わたし「関ジュのこの子気になる!」

お友達&フォロワーさん「それ今江くん!」


めぇコン
わたし「関ジュのこの子も気になる!」

お友達&フォロワーさん「それも今江くん!」



という、まさかの両方とも今江くんというミラクルが…(笑)


これは記念にブログを残そう!と。



関ジュは浜中文一くんが居れば浜中文一くんを見て、居なければ室龍太くんを見て、居なければ林真鳥くんを見て、居なければ藤原丈一郎くんを見て、居なければあとは顔と名前が分かる子を見て…というなんとも偏った楽しみ方をしていたので、顔と名前が一致しない子が多くて。


in大阪も今までずっと室龍太くんを追っかけて見てきたんだけど、BIG GAMEでドルフィン*1をやるところは他の子と被っていて見れなくて、残念だなぁと初めて龍太くんから視線外して前列を見た時に

「あっ!この子だれ!?」

と顔も名前も一致しない関ジュの子が目に入ってきた。





これが今江くんとの初対面。しかし、全くもって誰か分からない…。


巻き戻し再生しながら名前が出るまでその子を追いかけて、この子かなって言う子にたどりついた。







第一印象は三浦大知くんだ!だった。

こんなに似てるのになぜ今までその存在に気付かなかったんだろうってくらい…(笑)


そこからはお友達やフォロワーさんから「それ今江くん!」と教えてもらって、今江くんについて布教のリプを頂いたり、カタカタエンターした。





そう言えば松竹時期に駅から今江くんが走ってた!って目情よく見かけたわw

どんな目情よwって思ってたんだよね…なぜそこでどんな子かカタカタエンターしなかった(´・ω・`)



そして、そう言えばもう1人関ジュで気になる子居たなと思い出す。







直後、お友達とフォロワーさんから「それも今江くん!」と教えられる。

冗談で言った「もしこれで今江くんだったら笑うしかないw」がまさかの現実に…逆に笑えないw


こんな偶然もあるんだね。



in大阪は今まで龍太くんから視線を外すことはなくて、めぇコン粉もんは初見からこの子の動きいいなって気になってたのに行動に移さなくて、駅から走ってた目情も気になってたのにカタカタエンターしなかった。

もっと早く行動に移してたら、ラキセコンで生の今江くんを拝めたのに…なんて絶妙で微妙なタイミング。


このタイミングで今江くんに出会ったことが吉と出るか、凶と出るか、今後を楽しみにしよう。

*1:床に伏せた状態からの起き上がりの動作なので正確にはドルフィンではない

てっぺんに向かう道の途中

ジャニーズWEST デビュー2周年おめでとうございます。

3年めも期待してるよ!






さて、2周年のこの日になんとなく今まで言えなかったものをここに残しておきます。











関ジャニ∞に対して正体が掴めない、なんとなくモヤモヤとした不満が積み重なっていた中で淳太くんを好きになってジャニーズWESTに出会った。


歌番組に出たときの賑やかし要員として関ジャニが充てがわれてしまっているのはもう半分諦めかけていたけど、そうじゃない時も振りを間違ったらちょけて誤魔化して、曲中オンマイクで喋るし、踊ってほしいのに全力では踊ってくれない。

バンドは確かに関ジャニ∞の武器だし、魅力ではあるけど踊れるうちは踊って欲しいし、ダンス曲の時は全力を出して魅せてほしい。

そして、なによりも作品をリリースしたらラジオや番組でもっと売り込んでほしかった。

「すごくいい作品なんです!買ってください!」っていう熱が全く伝わってこない。

例え歌番組に出る本数が少なくても、宣伝にかけてもらえるお金が少なくても、自分たちのラジオではもっと話題にできるんじゃないの…とモヤモヤしてた。

どうせ放っておいても売れる…みたいな空気がすごく嫌だった。

確かに一定のセールスは確保してるとは思う。

勝手に売れてくれる環境に満足してしまっているのか、それともどんなに売れたとしてももうてっぺんはとれないんじゃないかと諦めてしまったのか…。

わたしから見た関ジャニ∞は現状維持の道を選んでしまったように写って、この人たちはこんなもんじゃないはずなのになんで…って悲しくもあって。


そんな時に出会ったのが、ジャニーズWESTだった。

確かにデビュー間もない彼らが「てっぺんとったる!!」とギラギラとキラキラとしているのは当然の事で。

かつて関ジャニ∞だってそうだった。


いつかきっと彼らだって今の関ジャニ∞のようになるんだろうな、そんな風に思っていた。



でも、彼らの現場に行ってセンター重岡大毅のセンター力に触れてすごく漠然とだけれど

「きっとこの子たちは大丈夫だ」

と感じた。


重岡くんが重岡くんで居る限り、きっとわたしはこの子たちにがっかりさせられる事はないな、と。


デビューして月日が経てば彼らに対してもわたしが関ジャニ∞に感じたモヤモヤにぶち当たる時は来ると思う。


でも、彼らなら関ジャニ∞が経験したAとBどちらかの道を選ぶ分岐点に同じように立たされた時に関ジャニ∞が選ばなかった道を選ぶのではなく、全く違うCという選択肢を自分たちで作り出して進んでいくんじゃないかと思わせるだけのものがあった。


だから、わたしは彼らが決めた道を、進んでいく道を応援し続けると決めた。



こうしたい、こうなりたいと自分たちの方向性や進みたい道、目指しているものを言葉にして形にして見せてくれるのはジャニーズWESTのすごくいいところだと思う。

その夢が叶うように精一杯応援しようと思えるし、なによりもただ彼らが頑張るだけではダメなんだ。
オタクも頑張らなくちゃダメなんだと気付かされるから。



「てっぺんとった姿を見せたい!」ではなくて「一緒にてっぺんから綺麗な景色を見よう!」とファンに言える、そんなジャニーズWESTが好きだ。


ジャニーズWESTと出会えてよかった、好きになってよかったと常に思わせてくれてありがとう。


3年めもたくさんお赤飯炊かせてください(笑)